動物、ペット関係の資格で代表的なものは、次の3つでしょう。 ・トリマー ・アニマルブリーダー ・ドッグトレーナー トリマーというのは、犬や猫といったペット専門の美容師のことで、シャンプーやカット、爪の手入れなどが主な仕事です。 この資格を取得することによって、ペットショップや動物病院、ペットサロンなどで活躍することができ、将来的には独立を目指すことも可能でしょう。 また、自分のペットにもトリマーの知識や技術を生かすことができますから、プライベートでも役立ちます。 アニマルブリーダーとは、ペットの繁殖および飼育を行う専門家のための資格です。 ブリーダー業に就きたいなら、ぜひ取得しておきたい資格の一つだといえます。 中には、ペットに対する知識を深めるために、趣味として取得される方もいるそうです。 ドッグトレーナーは、犬のしつけに関する知識や技術を証明する資格で、盲導犬や介助犬、警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬などの育成に必要となります。 ドッグトレーナーの資格があれば、訓練士として活躍することができるでしょう。